ホームへ
水夢
  • 水夢 製品案内へ
  • 水夢 安全性へ
  • 水夢 処理例へ
  • 水夢 比較へ
  • 水夢 施工例へ
  • 水夢 使用例へ
アルカリ中和剤
  • アルカリ中和剤 製品案内へ
水溶性廃液減容化処理
  • 水溶性廃液減容化処理 技術紹介へ
  • 水溶性廃液減容化処理 act200へ
  • 水溶性廃液減容化処理 簡易式ろ過器へ
  • 水溶性廃液減容化処理 除去用ろ過器へ
  • 水溶性廃液減容化処理 一覧表へ
土夢
  • 土夢 製品案内へ
  • 土夢 競合比較へ
  • 土夢 処理例へ
  • 土夢 施工例へ
水夢自然流浄化工法
  • 水夢自然流浄化工法 製品案内へ
  • 水夢自然流浄化工法 施工例へ
動画ページへ

廃液.jpへ

小型凝集分離ろ過装置ACT-200

一台で凝集、分離、成分除去が可能な小型凝集分離装置による減容化処理が実現できます!また、減容化によるコスト低減にもつながるろ過装置のご紹介です。

動画で見る小型凝集分離ろ過装置はコチラ→小型凝集分離ろ過装置 ACT-200

スペーサー

製品仕様 ACT-200

act200外観
全幅(W) 850(mm)
全長(L) 1380(mm)
高さ(H) 1830(mm)
※攪拌モーター
含む
処理能力 200(L/回)
攪拌機 60(W)
循環用ポンプ 42(W)
電源 単相 100(V)
回転数 240(min-1)
本体重量

約200(kg)

一度に200Lの処理が可能で、コンパクト設計で移動がとても簡単です。攪拌効率がよく、消費電力も大幅に節約できます。操作も容易で簡単に誰でも処理ができます。

.
スペーサー

各部位説明

凝集分離タンク・・・廃液を凝集分離

タンク内に廃液を留め、凝集剤を添加・攪拌し、凝集分離を行います。

処理水貯留タンク・・・固液分解し、分離水を貯留

ろ過マットをセットし、固形分を取り除きタンク内に分離水を貯留します。

成分除去ロカ筒・・・成分除去・脱色

貯留タンク内の水を循環させ、成分除去・脱色を行います。
スペーサー

装置による凝集分離状況

凝集前
凝集前
矢印
凝集処理後
凝集処理後

凝集前の約200リットルの廃液に対して、凝集処理後の沈澱量は約50リットル。この時点で約75%の減容化になります。

.
内部状況1
内部状況(凝集前)
矢印
内部状況2
内部状況(凝集処理後)

写真のように廃液が分離され、上澄み液と沈殿物に分かれます。脱色もできますので上澄み液は透き通ります。

.
スペーサー

固液分離状況

土のう袋設置
土のう袋設置(一枚)
矢印
分離状況
分離状況
矢印
分離後貯留タンク内
分離後貯留タンク内
.
土のう袋設置
循環させ成分等除去
矢印
分離状況
処理完了

この様に凝集分離が簡単に行えます。
動画はコチラ↓
小型凝集分離ろ過装置

.
スペーサー

沈殿SSが多い場合

凝集処理後
凝集処理後
矢印
土のう袋設置2枚
土のう袋設置(2枚)
矢印
交換なしで分離可能
交換なしで分離可能
.

沈澱SSが多い場合は図のように土のう袋を2枚にする事で交換なしで分離可能になります

スペーサー

成分分析

項 目 COD(Cr) COD(Mn) BOD
処理前原水 15,600 3,100 3,800
凝集後処理水 540 86 230
循環処理水 1時間後 260 54 74
2時間後 210 42 56
スペーサー

自然脱水一日後の状況

内部固形分状況1
内部固形分状況1
矢印
内部固形分状況2
内部固形分状況2
矢印
持上げても水は出ない状態
持上げても水は出ない
.
スペーサー

脱水後の重量について

凝集沈殿後のSS量は50Lでしたが、脱水後の重量は8.5kgとなりました。したがって、全体(200L)の廃棄量は95.7%の減容化が達成できたことになります。

 リスト 小型凝集分離ろ過装置 ACT-200 印刷はこちらから

 リスト その他の便利用品一覧表印刷はこちらから

スペーサー

◆「水溶性廃液減容化処理」の他ページへ

  1 技術紹介へ    3 簡易式ろ過器へ

  4 脱色、成分除去用ろ過器へ   5 一覧表(PDF)へ

.