ホームへ
水夢
  • 水夢 製品案内へ
  • 水夢 安全性へ
  • 水夢 処理例へ
  • 水夢 比較へ
  • 水夢 施工例へ
  • 水夢 使用例へ
アルカリ中和剤
  • アルカリ中和剤 製品案内へ
水溶性廃液減容化処理
  • 水溶性廃液減容化処理 技術紹介へ
  • 水溶性廃液減容化処理 act200へ
  • 水溶性廃液減容化処理 簡易式ろ過器へ
  • 水溶性廃液減容化処理 除去用ろ過器へ
  • 水溶性廃液減容化処理 一覧表へ
土夢
  • 土夢 製品案内へ
  • 土夢 競合比較へ
  • 土夢 処理例へ
  • 土夢 施工例へ
水夢自然流浄化工法
  • 水夢自然流浄化工法 製品案内へ
  • 水夢自然流浄化工法 施工例へ
動画ページへ

廃液.jpへ

水溶性廃液減容化処理 技術紹介

水性塗料・水性ボンド・水性インキ・水溶性切削などの処理のご紹介

水性の塗料廃液(廃水)、切削廃液(廃水)、インキ廃液(廃水)を凝集分離し固形分と水とに分離する事によって、減容化する処理のことです。コスト削減につながります。

スペーサー
◆水性塗料廃液処理剤

水性塗料の凝集分離・固化処理を行います。
水性塗装器具の洗浄水やハケの洗い水などを凝集処理が可能です。残塗料は固化処理が可能です。処理剤には【タイプA】と【タイプB】と【タイプC】があります。

水夢写真

【タイプA】の特徴

特に工場などで良く使用されています。有機溶剤を含む廃水に有効です。ただし、反応速度がゆっくりであるため、凝集が見られるまでに10〜15分程度必要となります。

【タイプB】の特徴

水性塗料全般に有効です。建築塗料・自動車関係塗料など幅広く使用されています。しかし、有機溶剤を多く含む廃水の処理には向きません。反応性も早くきれいなフロックを形成します。

【タイプC】の特徴

建築外装塗料に有効です。特に白色系には白濁を残さず、クリアな処理水が確保できます。建築塗料にお勧めです。
エポキシ系の塗料廃水には、補助剤の「エマルジョンブレーカー(陽イオン吸着剤)」を使用することでより効果的な処理が可能です。
スペーサー

水性塗料廃液処理例

水性塗料処理前
処理前
矢印
水性塗料凝集処理後
凝集処理後
矢印
水性塗料成分等除去処理後
成分等除去処理後
.
水性塗料処理前
処理前
矢印
水性塗料凝集処理後
凝集処理後

その他の廃水処理にも有効です。

  • 水性インク
  • 水性ボンド
  • セラミック研磨
  • メッキ廃水 等
.
スペーサー

濃度計量証明書

計量の対象 処理前 処理後 単 位
水素イオン濃度
(pH)
8.0(19.7℃) 7.1(18.1℃) -
生物化学的酸素要求量
(BOD)
1,100 240 mg/l
化学的酸素要求量
(COD)
970 220 mg/l
浮遊物質量
(SS)
140 8.1 mg/l
全りん 0.13 0.06未満 mg/l
全窒素 32 18 mg/l
n-ヘキサン抽出物質
(鉱油類含有量)
1.8 1未満 mg/l
n-ヘキサン抽出物質
(動植物油脂類含有量)
300 3.6 mg/l

※社団法人 徳島県環境技術センターにて測定※

スペーサー

水性塗料廃液処理フロー

処理フロー

スペーサースペーサー
◆水溶性切削廃液処理剤

水溶性の切削廃液を凝集分離し、固形分と水とに分離します。鉄・アルミ・鋳物など、様々な加工工程における切削廃液の処理が可能です。処理剤には【タイプA】と【タイプB】があります。

水夢写真

【タイプA】の特徴

フロックが大きく沈降性に優れています。

【タイプB】の特徴

ややフロックがやわらかいものの、脱水効率に優れています。
切削濃度5%以下で使用していただくのが一番効率的です。濃度が濃い場合には希釈してご使用ください。また、pH値が高い場合はpH調整を行って処理する方がより効率的に凝集処理できます。
スペーサー

水溶性切削廃液処理例

水溶性切削廃液処理前
処理前
矢印
水溶性切削廃液凝集処理後
凝集処理後
矢印
脱色等除去処理後
脱色等除去処理後
.
水溶性切削廃液処理前
処理前
矢印
水溶性切削廃液凝集処理後
凝集処理後
矢印
脱色等除去処理後
脱色等除去処理後
.
スペーサー

COD(Mn)測定数値例

処理前 17,000 mg/l
凝集処理後 3,000 mg/l
脱色等処理後 600 mg/l
スペーサー

水溶性切削廃液処理フロー

水溶性切削廃液処理フロー    スペーサー

◆「水溶性廃液減容化処理」の他ページへ

  2 小型凝集分離ろ過装置へ    3 簡易式ろ過器へ

  4 脱色、成分除去用ろ過器へ   5 一覧表(PDF)へ

.